Agoda API から受け取る予約データでは、清掃費が Surcharge という料金項目に含まれており、これまで清掃費として取り込み出来ないか?というご要望を多数のユーザーからご要望いただいていました。

Agoda 側に確認したところ、Surcharge には清掃費だけでなく、宿泊費以外の料金(セキュリティーフィーや入湯税などの税金関連等)が含まれた金額になっており、現状 Agoda API で純粋に清掃費だけを識別することは出来ないとの回答でした。 この為、自動で全ての Surcharge を清掃費として変換してしまうと、ユーザー様によって望まれないケースがあると理解しました。

対応としては、Agoda チャネル毎に Surcharge を清掃費として取り込む為のスイッチを準備させていただきました。

※AirHost PMS 内の各物件に設定されている「清掃費」を反映するという機能は、この設定がいつでも変更可能なこともあり実装は出来ません。
※清掃費として取り込み対象となる予約は、この設定をオンにした後に確定した予約のみとなります。 過去確定分の予約に関してデータ修正などの対応は出来ませんので、ご理解をよろしくお願いいたします。

messageImage_1585808731179.jpg

◆ヘルプで解決できない場合には、以下から問い合わせをお送りください。

https://airhostpms.zendesk.com/hc/ja/requests/new

回答が見つかりましたか?