以下では、例としてクライアントユーザーの設定方法について説明しております。

各クライアント用に AirHost システム内にアカウントを作成し、それぞれのクライアントの物件の情報のみ閲覧してもらうことが出来ます。各クライアントに対象物件の収支レポートや予約情報などをシェアすることができます。

1. 「ユーザー」メニューからクライアント用のユーザーを作成します。

2. クライアント情報入力して保存します。

こちらの画面に表示される「ログインID」「パスワード」を控えておきます。

3. 物件詳細ページの「クライアント」タブでクライアントを指定します。

4.クライアントアカウント有効化の為のメール認証を行います。

上記2.でアカウントを作成すると、クライアントアカウントに設定したメールアドレスに下記のメールアドレス認証が送られてきますので、作成したログイン情報(ログインID、パスワード)をクライアントにシェアし、こちらのメールにあるURLより、AirHostへサインインしてもらいます。

なお、アカウント作成の際、change password at first login をONにした場合は、ここで任意のパスワードを設定いただけます。

5. クライアント用アカウントでは、割り当てられた物件範囲で必要な「予約一覧」や各物件の「収支レポート」、「請求書」など必要なメニューのみ閲覧可能です。 設定などは変更出来ないようになっています。

回答が見つかりましたか?