1.セルフオペレーターでのビデオチャット機能は、弊社から提供しておりますAirHostチェックインタブレットを通じ、機能する仕組みになっております。ゲスト側は現地のタブレットで、ホスト側はPMSの管理画面で会話できるようになります。

2019-01-16__4_.png

2.ご利用される方は、まずはライセンスのご購入をお願いいたします。

2019-01-16__3_.png

3.ご購入後は弊社より設定を行いますので、「利用される施設名」をご提示ください。

連絡先:support@airhostpms.zendesk.com

4.弊社より設定完了後、連絡を差し上げますので、その後はお手持ちのタブレットをチェックイン管理→チェックインモードから、ビデオチャットでチェックインを選択してください。

2019-01-16__2_.png

ゲストからの着信を受けるには、常にAirHostへのログインが必要となります。

お客様がタブレットの必要事項入力を済まされ、【テレビ電話本人確認を開始】を押されますと、AirHost画面右上に新しいビデオチャットが作成されましたという表示が出てまいります。


こちらを受けるには、予約=>ビデオチャットを開き、状態のところが待機中と
表示されるお客様が、【テレビ電話本人確認を開始】を待っていらっしゃるお客様となります。

オレンジ枠の部分より対応したい施設を選択しますとビデオチャットが開始されます。

https://cloud.airhost.co/ja/video_chats

[ ビデオチャット受信時に着信音を鳴らすには? ]

通常ではビデオチャット着信時、着信音はなく、ブラウザの通知機能で画面右上に着信通知が表示されるだけになります。 着信音を希望の場合、Chrome ブラウザ限定になりますが Chrome 拡張機能を提供しています。

拡張機能ファイルをダウンロードします。

https://bit.ly/2YS89MK

ダウンロードした Zip ファイルを展開します。

mceclip0.png

Chrome で以下の拡張機能ページを開きます。

chrome://extensions/

「デベロッパーモード」をオンにして「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」をクリックします。

mceclip0.png

展開したフォルダを選択します。

mceclip1.png

Chrome に拡張機能が追加されました。

アイコンをクリックすると、有効・無効や着信音の種類・音量などが設定し、CONNECT をクリックします。

mceclip4.png

これで拡張機能の準備は完了です。

mceclip5.png

【着信音が鳴らないなど、拡張機能が機能しない場合】

Chromeの設定が最新バージョンでない場合が考えられますので、下記URLより最新バージョンになっているかの確認をお願い致します。

chrome://settings/help


【特殊対応時】

1) 1対1での会話中に、もう一人のチェックインゲストからの着信がある場合

PMS側に着信音が鳴り、タブレット上には現在対応中のメッセージが表示されます。1人目のゲスト対応後、下記の「ビデオチャット」の画面に戻り、「待機中」表示された2人目のゲストに対応ください。

___________2118_.png

2) 1)を踏まえ、2人目のゲストに対し、PMS側でもう一人の受け手がいる場合、着信を受けることは可能です。1)同様、「待機中」表示された2人目のゲストに対応できます。

=同一のAirHostアカウント内で、ゲスト1がPMSの受け手Aに対応中の際に、別の施設のゲスト2がチェックインのビデオチャットコールを鳴らし、PMSの受け手Bがいる場合、Bは別端末でゲスト2に対応可能という意味です。

回答が見つかりましたか?