「BILLIEF」は、宿泊施設の予約情報をもとに、宿泊者のメールアドレスへ、ペイパル請求書を簡単に作成・送信するサービスです。これにより、宿泊施設では処理時間をかけずにペイパル支払いの請求書を宿泊者へ送信し、事前決済を促すことが可能となります。

弊社PMSと合わせて、BILLIEFのシステム連携機能をご利用いただくと、宿泊者に対してのペイパル請求書メール送信を自動化し、宿泊者の決済情報もBILLIEFの管理画面内で確認することが可能となります。

●BILLIEFについてのサービス概要

https://www.billief.jp/

本件に関し、ご利用をご希望のお客様は、詳しく接続案内を差し上げますので、下記にお問い合わせくださいませ。

株式会社コネクター・ジャパン

担当 : 青山様

e-mail: info@cnctor.jp

(ccに、弊社email: hello@airhost.coをお願い致します。)

-------------

「BILLIEF 設定マニュアル」は、添付ファイルを参照ください。

以下、BILLIEF 設定例になります。

システム連携用 ID は、AirHost 側で指定するものと一致する必要があります。 また、他ユーザーも含めた AirHost - BILLIEF 間連携内で一意である必要があるため、御社名-物件コード (例: AIRHOST-4M10xxx) などのフォーマットでお願いします。

PayPal 連携設定に入力する Client ID および Secret 取得方法に関しては、添付ファイルの「BILLIEF 設定マニュアル」を確認ください。

運用設定に関しては、御社運用方針に合わせて設定ください。

BILLIEF の設定項目の詳細に関しては、弊社側では分かりかねますので、提供元のコネクター・ジャパン担当者にお問い合わせください。

PayPal 及び BILLIEF 側の設定が完了したら、AirHost 側の設定を行います。

「決済アカウント」メニューを開きます。

決済アカウントを追加します。

以下を入力して「保存」をクリックします。

名前:任意

アカウント種類:Billief

状態:任意 ← 後で有効にも出来ます。

施設 ID:BILLIEF 側で設定した「システム連携用 ID」と同じものを入力

プラン名:任意 ← BILLIEF からゲストへの請求書に表示されます。「宿泊費」など任意の文字列を入力。

チャネル:BILLIEF を使って請求書を送付したい OTA を選択します。選択された OTA からの予約の中で、OTA 決済が済んでいない予約を対象に請求書が自動送付されます。

設定内容は、詳細ページの「編集」ボタンから変更可能です。

次に追加した BILLIEF アカウントを対象物件に紐付けます。 「物件詳細」ページの「設定」タブ(編集モード)から BILLIEF アカウントを設定します。

請求対象の予約が AirHost に取り込まれると、ゲスト名の請求が自動生成されて一覧に表示されます。 その後、状態が自動更新されて行きます。 「決済済み」になると、予約詳細ページやチェックイン管理ページで表示されるの支払い状態も「支払い済み」になります。

回答が見つかりましたか?