RemoteLOCK, KeyCafe といった AirHost PMS がサポートしているスマートロック・キーボックス(IoT ロック)と連携することで、各ゲストへの PIN コードの自動生成や通知を自動化することが可能です。

《鍵アカウントの接続》

■リモートロックとの接続の場合

【スマートロック「RemoteLOCK」との連携】

IoT ロックアカウントの追加は、「リスティング管理」→「IoT ロックアカウント」メニューから行います。

「IoT ロックアカウントを追加」ボタンをクリックします。

IoT ロックアカウント名(任意の名前)、ログイン ID、パスワード、アカウント種類を選択します。

「コネクト」をクリックして認証を完了します。

■Linkeyとの接続の場合

IoT ロックアカウントの追加は、「リスティング管理」→「IoT ロックアカウント」メニューから行います。

「IoT ロックアカウントを追加」ボタンをクリックします。

アカウント種類で Linkey を選択すると、以下注意が表示されます。

Linkey接続の場合には、メール/ユーザ名にはAPIアカウント、パスワードにはシークレットトークンが必要になります。

Linkeyにご確認いただき、APIアカウント・シークレットトークンの付与をうけたうえで、接続作業をお願いします。

上記で問題なく接続ができましたら、IoTロックアカウントの管理画面を開き

「NEW IOT LOCK DEVICE」のボタンをクリック。

ゲートウェイ名・ゲートウェイIDに、Linkey管理画面で確認できる、

部屋名・Gatewayを入力し、保存を押します。

《各鍵メーカーのアカウント接続完了後》

アカウントに紐付いているドアがインポートされますので、「物件に接続」から AirHost 内の物件・部屋に紐付けます。

※ この作業を完了するためには、「アカウント管理」→「ライセンス」から「他社 IoT ロック連携」オプションライセンスの購入が必要です。

IoT ロックの PIN コードは、自動メッセージにタグとして埋め込むことが可能です。

IoT ロックを紐付けた物件の自動メッセージ(リスティング固有メッセージ)に鍵アイコンが追加されますので、そのアイコンをクリックすると表示される、このタグをメッセージの内容に埋め込んでください。このタグの箇所にPINが挿入されます。

{{lock_code}}

個別のリスティングでの自動メッセージでのみメッセージ内に埋め込み設定が可能です。

共通のメッセージ内では、このタグを記入した部分に個別のリスティングで設定した文章が挿入されます。

{{extra_memo}}

また、予約確定直後はまたPINコードが発行されておらず、自動メッセージにPINコードを含むことができないため、時間差での送信を推奨いたします。

【ステータスについて】

現在の/ current:ゲストがチェックイン-チェックアウトの期間にある状態

今後の予定/ upcoming:未来予約

失効した/ deactivated:過去予約(チェックアウト済み)

期限切れ/ expired:システムキャンセルなどにより、予約が無効になった状態

【自動連携は基本的に 1予約=1 PIN 】

AirHost PMS でサポート出来る自動連携はあくまで 1予約=1 PIN になります。IoT側で手動延長等を行なっても、追加予約にはじめの予約の PIN を紐づけるようなことは出来ません。
延泊分を別予約で作成された場合には、はじめ予約の PINではなく、新しく付与されたPINをゲスト様に利用いただけますようお願いいたします。 この際、はじめの予約のチェックアウト時間から追加予約のチェックイン時間の間に、利用不可の時間が出来るので、はじめの予約のチェックアウト時間を調整頂くのが良いかと思います。

【子ルームを持つ部屋に予約が入った場合】

例えばコネクティングルームや一棟貸しなどのケースで、複数の子ルームを持ち、その各子ルームが IoT に接続されている場合、親ルームに予約が入ると、IoT ロック側の API が機能をサポートしている場合には、全て同じ PIN を発行し、ゲストが全てのドアに同じ PIN を利用出来るようにしています。 サポートされる IoT ロックは以下の3つになります。 他の IoT ロックでは、同一PIN の発行をロック側の API がサポートしていない為、異なる PIN が作成されます。

  • RemoteLOCK

  • KEYVOX (Blockchain Lock)

【Keycafe接続時の注意点】

KeyCafe側で2段階認証がONになっているとAirHostからの接続時、認証ブロックがかかり取り込めませんので、下記設定がOFFであることをご確認の上、インポートをお願い致します。

回答が見つかりましたか?