Airbnb より、以下のサービス料体系変更に関するアナウンス(一部抜粋)がされています。

-----

Airbnbのサービス料体系には、①ホストとゲストでサービス料を分担する分担型と、②サービス料全額をホストが負担する固定型ホストサービス料の2種類がございました。

2020年12月7日以降、外部ソフトウェアをご利用されているホストにご利用いただける手数料体系は固定型ホストサービス料のみとなりました。①または②を選んで設定できなくなり、②が適用されている状態です。

これにより15%のサービス料がホストの受取金から差し引かれるようになり、ゲストにはサービス料が請求されなくなります。12月7日以降に入った予約に対してこちらの手数料が適用となります。

※固定型ホストサービス料を既に導入されているホストの皆さまは、2021年1月1日の予約分より手数料が15%に変更されますのでご留意ください。

-----

12月7日には自動的にこれまでのサービス手数料のホスト負担であった 3% が 15% に上がり、これまでの同じ料金では受け取り金額が減ることになります。この為、新しいサービス料に沿った料金に変更されることをお勧めします。

手順は以下のようになります。

1. AirHost PMS 側で Airbnb に同期する料金を調整する。 料金カレンダーの料金を変更することも可能ですが、手間もかかり、他 OTA への影響もありますので、マルチチャネルページの Airbnb チャネルの「AirHost 価格からの倍率 :」設定を調整する方法が簡単です。

2. Airbnb 側に料金更新が反映されていることを確認します。(同期完了には数時間かかることがあります。)

https://is.gd/MwB96t

回答が見つかりましたか?