Airhostを利用開始後の初期のリスティングインポート、セットアップ設定の順番についてです。

尚、新規のユーザー様には、情報をヒアリングした上で、サポートチームにて初期のセットアップサポートを行なっております。

「セットアップサポートを希望」 、AirhostのアカウントIDをご記載の上、ご連絡くださいませ。https://airhostjp.freshdesk.com/support/tickets/new

================================

作業の流れとしては、以下のようになります。

  • STEP 1. OTA 毎にチャネルを AirHost に登録する。

  • STEP 2. ダッシュボード(物件一覧)に管理用のリスティングを作成 / インポートする。

  • STEP 3. STEP2 で作成した物件の「マルチチャネル」ページで同期対象のチャネルをリンクする。

  • STEP 4. 全予約が取り込まれ、在庫・料金設定が正しいことを確認して同期を開始する。

以下、ステップ毎に手順を説明して行きます。

--------- STEP 1 ---------

先ずは、同期対象となる全ての OTA(もしくは他のサイトコントローラ)を AirHost PMS にチャネルとして追加していきます。

※ この際、他のサイトコントローラからの乗り換えで、移行中一時的にカレンダー同期が動作しなくなる場合、ダブルブッキング防止の為に移行完了までは必ず OTA 側の販売を停止して作業してください。

以下の各ヘルプを参照して、各チャネルを追加してください。

※ ダッシュボードに表示する物件の作成や物件へのチャネルのリンクは STEP 2 以降で行うので、チャネル追加とチャネル詳細ページの「物件一覧」に物件やルームタイプ情報が正常に表示されるところまで実施してください。

「リスティング管理」→「チャネル」ページに、全チャネルが追加されたら STEP2 に進んでください。(何らかの理由で一部チャネルが追加出来ない場合には、STEP)

--------- STEP 2 ---------

ダッシュボード(物件一覧)に物件を作成 / インポートしていきます。 物件毎に、以下のパターンで当てはまる手順で進めて下さい。

A. 在庫が1つしかない物件で Airbnb チャネルを AirHost に接続している場合

( 注:AirHost 直接ではなく、手間いらず / ねっぱん!に接続している場合は C へ )

Airbnb からリスティング情報をインポートしてダッシュボードに追加出来ます。 以下の手順で STEP 1 で追加した Airbnb チャネルからダッシュボードに物件情報をインポートしてください。

チャネルから管理用リスティングを作成する

この手順を完了すると物件がダッシュボードに表示され、この物件に関しては STEP 2 が完了です。 他にも管理対象の物件があれば、STEP 2 を継続してください。

B. 在庫が複数ある物件で Booking.com チャネルを AirHost に接続している場合

( 注:AirHost 直接ではなく、手間いらず / ねっぱん!に接続している場合は C へ )

Booking.com からリスティング情報をインポートしてダッシュボードに追加出来ます。 以下の手順で STEP 1 で追加した Airbnb チャネルからダッシュボードに物件情報をインポートしてください。

14-2-1.Booking.comからホテルタイプリスティングをインポートして設定する

この手順を完了するとホテルタイプの物件がダッシュボードに表示され、この物件に関しては STEP 2 が完了です。 他にも管理対象の物件があれば、STEP 2 を継続してください。

C. A, B 以外の場合

A, B 以外のケースでは、以下手順で

[在庫が一つしかない物件]

4-1. 新規リスティング作成方法(アパートメントタイプ)

[在庫を複数もつホテルタイプの物件]

14-1.新規でホテルタイプのリスティングを作成する

--------- STEP 3 ---------

STEP2 で作成した各物件の「マルチチャネル」ページで同期対象のチャネルをリンクしていきます。

以下手順に従って、各物件の同期対象のチャネルを全てリンクして下さい。

6-2-2. マルチチャネルで各OTAをリスティングにリンクする

※ STEP 3 ではチャネルのリンクだけを行い、マルチチャネルページに追加された各チャネルの

--------- STEP 4 ---------

STEP 3 までで、各物件の同期対象となるチャネルが全てリンクされました。 STEP 4 では、AirHost 内の在庫や料金が正しく設定されていることを確認後、各チャネルとの同期を開始します。

物件の管理を開始

物件の管理を開始することで

基本料金を設定します。

STEP2 で A のケースで物件を作成しした場合、Airbnb から料金のインポートを行うことが可能です。

[Airbnb3] Airbnbをマルチチャネルで接続した後、PMS同期完了前は、Airbnb側の予約インポートが不安定な為、iCalを設定するか、PMS同期の申請を行なってください。(AirbnbはPMS同期が完了すると料金もAirHostから同期させることができます)

ルームタイプの変更方法などはこちらを参照してください。

==================================

複数のOTAでリスティングを掲載している場合、マルチチャネル管理にて、それぞれリンクしていきます。

[マルチチャネル1]リンクするOTAのチャネルを作成します。

[マルチチャネル2]リスティングのマルチチャネルページでリンク作業を行います。

[マルチチャネル3]マルチチャネルの各OTAの同期設定を確認・変更してください。

ここまで設定が完了したら、リスティングの管理を開始してください。

*注意*

現在API接続のできないOTAは、順次リンクできるようにしていきますが、それまでは、アパートメントタイプはiCalにて予約情報の同期をすることが可能です。

◎自動送信メッセージをご利用の場合は下記をご参照ください。

ご不明点は以下よりお願いいたします。

https://airhostpms.zendesk.com/hc/ja/requests/new

回答が見つかりましたか?