Expedia以外のチャネルも接続予定の場合は、先にこちらのマニュアルをご確認ください。

6. マルチチャネル管理(チャネルマネージャ機能)

====================================================

1.Expediaの下記管理ページから、システムプロバイダーとして「AirHost」を選択し、「送信」します。

2018-06-22__6_.png

※ 以下エラーが表示された場合には、Expedia 担当にご連絡いただき、料金取得タイプを "NET" に変更を依頼してください。

2.弊社システムの自動承認後、Expediaから手続き完了のメールがきますので、それを確認後、AirHostの管理画面から新規チャネルを作成します。(サポートチームへのご連絡は不要です)

「リスティング管理」から「チャネル」を開きます。

go_to_channel_jp.png

3.「チャネルの追加」を選択します。

add_channel_jp.png

4. Expediaの「追加」ボタンを押します。

add_expedia_jp.png

5. 「チャネル資格情報」画面で必要項目を入力します。

expedia_channel_credetial_jp.png

6.Expedia側の設定が終わっている場合には、「リスティングをインポートする前にあなたの Expedia 担当に連絡して、サイトコントローラとして AirHost を使用する旨を伝え、設定を完了してもらう必要があります。」のボタンをオンにしてください。ホテルIDリストが表示されますので、ホテルIDを入力します。ホテルIDを追加するには、「+」ボタンを押して入力フィールドを追加します。最後に「保存」ボタンを押してください。

expedia_add_hotel_id_jp.png

7.チャネル作成とチャネルへのリスティング(物件)のインポートが完了しました。

チャネルに取り込んだ物件をAirhost上で管理するため、Airhost上にリスティングを作成するか、既にAirhost上に存在するリスティングにリンクしてください。

1. チャネルに取り込まれた物件がAirhostに存在しないリスティングだった場合、以下の方法でリスティングを新規作成してください。

2. チャネルに取り込まれた物件が既にAirhost上に存在するリスティングだった場合、以下の方法で、取り込んだ物件をAirhostのリスティングにリンクしてください。

8.料金設定とマルチチャネルのOTA同期設定を確認・変更してください。

9. 料金設定とマルチチャネルの設定を確認した後、他にリンクするOTAがなければ管理を開始してください。 他にリンクさせるOTAがある場合、そちらを先にリンクさせてください。

<Expediaの同期について>

・AirHost 物件へのリンク前の確定予約のインポート

AirHost 内の物件とリンクする前に確定した予約は、リンクから30日前までに確定した予約のインポートが実施されます。それ以前の確定予約がある場合は、Expediaから提供されない為、お手数ですが新規予約作成を行なって管理をいただければと思います。

また、AirHost PMS 接続前に他のサイトコントローラ を利用していなかった場合(手動で管理されていた等)にも、予約の取り込みが出来ませんのでご注意ください。

参考マニュアル

・自動メッセージ

Expedia のセキュリティルールが厳しくなり、送信元のメールアドレスを事前承認することが求められています。 これが原因で自動メッセージの送信ができなくなっています。 現在、弊社からExpedia 側にこの問題を解消するよう依頼を行なっており、Excpedia 側からも検討中との回答を得ています。

・予約キャンセル時の動作

Expedia API は、他 OTA の API に比べて提供される情報への制限が多くなっており、予約キャンセル時にキャンセル料の情報を API 経由で提供されておりません。
この為、キャンセルされた予約に関しては、料金が 0 としてAirHostの予約詳細の金額が表示されるように設定しております。キャンセル料の徴収が必要なケースでは、手動での請求が必要になりますので、ご注意ください。

・OTA手数料

ExpediaはApiにてOTA手数料が弊社へ提供されません。

OTA手数料を加えたい場合には、下スクリーンショットにございますサービス料金(%)へ入力をお願い致します。

リスティング管理==>チャネル==>編集ボタン

ご不明点は以下の情報を添えて下記までお願いいたします。

1)AirHostのアカウント情報(登録されているメールアドレス、もしくは自動ログインURL)
2)操作方法が不明な画面やエラー画面などのスクリーンショット

◆メール
support@airhost.freshdesk.com

https://bit.ly/3dPvgfo

回答が見つかりましたか?