AirHost チェックインは、ゲストが事前に専用 Web サイトから宿泊者情報を入力、写真をアップロードして頂ける事前チェックイン機能を提供しています。 事前チェックイン機能を利用することで、チェックインタブレット等をご利用の場合でもチェックイン当日にゲストが個人情報等の記入不要でスムーズなチェックインが可能になります。

AirHost チェックインが有効になっているリスティングの各予約詳細ページに「チェックイン」タブが追加されております。チェックインタブレットでの予約を検索用の「チェックインコード」や「事前チェックイン URL」入力済みの「宿泊者情報」を確認出来ます。詳細は本マニュアルをご確認ください。

◇ライセンスについて

ライセンスについてのマニュアルも合わせてご確認ください。

事前チェックインURLは、AirHostチェックイン(Webのみのライセンスも含む)と、他社チェックインアプリ連携のAirHost 事前チェックイン付きライセンスの場合にご利用いただけます。

https://cloud.airhost.co/ja/subscription/edit

__________2019-02-21_23.36.29.png

【事前チェックイン機能・事前チェックインURL】

予約詳細の「チェックイン管理」から閲覧・編集等ができます。

現状の仕様では、OTA から取得した予約者の情報の名前・国籍・電話番号のみを宿泊者情報としてコピーしており、住所に関してはコピーを行なっておりません。 OTA により予約者の情報を提供していないこと、及び予約者と実際の宿泊者が異なることも多々あり、住所は文字列が長くなりタブレット等で削除する手間も考慮し、このような仕様としております。

__________2019-02-21_23.16.34.png

今回のこの予約の場合、

https://cloud.airhost.co/ja/checkin/bookings/26c190d0-d9ae-41f7-abad-3d140436ef2a 」のURLで、下記のゲスト入力用画面が出てきます。

__________2019-02-21_23.19.18.png

「+」をクリックすると入力画面になります。

__________2019-02-21_23.19.37.png

情報を入力して行くと完了の%が変更になり、100%で保存が可能です。

__________2019-02-21_23.20.46.png

保存されたデータは予約情報の「チェックイン管理」タブに反映されます。

__________2019-02-21_23.21.21.png

◇事前チェックインURLをゲストに送信する

自動メッセージで送信設定を行うか、手動で事前チェックインURLをゲストにお送りいただき、入力を依頼してください。自動メッセージの設定については下記マニュアルを参照してください。

◇集めたデータをダウンロードする

AirHostの「予約一覧」ページから「宿泊者名簿をダウンロード」にてCSV形式にてダウンロード可能です。

https://cloud.airhost.co/ja/bookings

__________2019-02-21_23.22.05.png

基本的には下記のデータがダウンロードできますが、システムのアップデート等で項目が増える可能性がございます。そのタイミングでのデータをご確認くださいませ。

  • 物件番号

  • 物件名

  • 部屋番号

  • 予約番号

  • 宿泊開始日 / 開始時刻

  • 宿泊終了日 / 終了時刻

  • 宿泊日数

  • 名前

  • 誕生日

  • 郵便番号 / 住所

  • 国籍

  • 電話

  • 職業

  • パスポート番号

  • 前泊地 / 行先地

ただし、一括ダウンロードには画像データは含まれませんので、画像データが必要な場合には、予約詳細のチェックイン管理画面から手動でダウンロードしてください。端末により方法は異なります。

↓ (ダウンロード方法例)

__________2019-02-21_23.51.05.png

◇チェックアウト後の事前チェックインURL

チェックアウト翌日には、セキュリティのため、事前チェックインURLが無効になります。それ以降の変更はAirHostアカウントの予約情報より行なってください。

◇手動作成の予約・icalの予約の事前チェックインURL

ゲスト名(予約者名)とメールアドレスが入力されていれば正常に動作するかと思います。ご確認ください。

◇事前チェックインURLが開けない場合

考えられる原因は下記の通りです。ご確認ください。

・インターネットの速度が遅すぎる

・事前チェックインURLを受け取ったメールの仕様により、URLが改行などで途中で切れている場合

・すでにチェックイン済みになっている場合は、その予約に発行されたPINコードがその部屋のIoTディバイスにすでに入力された可能性があります。チェックイン前の部屋を確認する場合はマスターコードをご利用ください。

2つ目の場合は再度正しい事前チェックインURLを確認してお試しください。



◇国籍(カントリーコード)について


事前チェックインURLおよび、チェックインタブレットへ入力する国籍データ、またダウンロードした名簿へ記載されるコードは、こちらにあるものを基準としております。分析などの目的でデータが必要な場合は、下記ページよりご確認いただけます。


Country Code にチェック>SEARCH

https://www.iso.org/obp/ui#home

ご不明点は以下の情報を添えて下記までお願いいたします。

1)AirHostのアカウント情報(登録されているメールアドレス、もしくは自動ログインURL)
2)操作方法が不明な画面やエラー画面などのスクリーンショット

◆メール
support@airhostpms.zendesk.com

お問い合わせについては、下記も合わせてご参照くださいませ。

回答が見つかりましたか?